金星との間にできたソフトアスペクト

金星との間にできたソフトアスペクト

金星と火星

 

明るく開放的で友達が多く、異性との交際経験もゆたか。

 

色を好むがそれがわるい方向へとでることはすくなく

 

むしろ人生においてプラスにはたらく。

 

いろいろなことに興味をしめし、美術的な才能もある。

 

結婚運もよく、理解のある配偶者とむすばれる。

 

お金についても困ることはなく、投資などにも向いている。

 

 

金星と木星

 

あらゆる方面に調和的な惑星配置。

 

対人運がよく友だち・知り合いにも気品があり洗礼された人がおおく

 

その人達から支援を受けることができる。

 

おさないころからお金や物にも不自由せず

 

また心のうちがわもゆたかで優しさに溢れている。

 

ただしややもすると物質主義におちいりがちで

 

衣服や食事・趣味などのために散財することがあるのでそこは注意。

 

芸術にも親和的で、職業としてその分野をえらぶのもあり。

 

結婚運もよく良き家庭を築くことができる。

 

 

金星と土星

 

堅実でマジメ。義理に厚く、なさけぶかい。

 

人々に対して救いの手をすすんで差し伸べることが出来る。

 

実際の場で役立たせることができる趣味をもち

 

経済観念が発達しており倹約家で、また資産を運用してふやす才能もある。

 

みさおがかたく、浮気などの不義理をはたらくことはない。

 

 

金星と天王星

 

ほかのだれにもマネできない、独特の芸術的感性をもっている。

 

斬新で見るものをひきつけ、いままでにない物をつくりだすことができる。

 

恋愛傾向にもそういった性質があらわれ、あまり普通でないカタチの恋をする。

 

社会一般でいわれている貞操などは気にせず

 

おもうがままに異性との交際をたのしむ。

 

 

金星と海王星

 

精神世界やスピリチュアル関連の分野に興味をいだき

 

音楽を中心とする芸術に親和性がある。

 

幻想的なものがすきで、現実社会はつまらないものだとおもっている。

 

宮仕えなどには全くの不向きなので

 

自らの才能を自覚してそれを活かせるようつとめることが大切。

 

 

金星と冥王星

 

恋に生きやすく性欲がつよいが、それが人生に対して良い効果をあたえる。

 

審美眼をもっており、美術的な方面での活躍が期待できる。

 

魅力的なひとがらで、異性をひきつけてやまない。

金星との間にできたソフトアスペクト関連ページ

太陽との間にできたコンジャクション
何と合になったかで、人生が大きく左右される。
太陽との間にできたソフトアスペクト
多ければ多いほど、人生イージーモード。
太陽との間にできたハードアスペクト
多ければ多いほど、人生ハードモード。
月との間にできたコンジャクション
心・内面のあり方に大きく影響。
月との間にできたソフトアスペクト
多ければ多いほど、内面が豊かに。
月との間にできたハードアスペクト
多ければ多いほど、内面がすさみやすい。
水星との間にできたコンジャクション
知性・言語能力に大きく影響。
水星との間にできたソフトアスペクト
多ければ多いほど、知力にすぐれる。
水星との間にできたハードアスペクト
多ければ多いほど、思考面に難がある。が、別に馬鹿というわけではない。
金星との間にできたコンジャクション
恋愛観・社交力に大きく影響。
金星との間にできたハードアスペクト
多ければ多いほど、愛情や性に問題をかかえる。
火星との間にできたコンジャクション
エネルギッシュさと攻撃性に大きな影響をあたえる。
火星との間にできたソフトアスペクト
多ければ多いほどエネルギーシュさが備わる。
火星との間にできたハードアスペクト
多ければ多いほど、攻撃性が強くなる。
木星との間にできたコンジャクション
社会的成功に大きく影響する。
木星との間にできたソフトアスペクト
多ければ多いほど、偉業をなしやすく順調な人生。
木星との間にできたハードアスペクト
多ければ多いほど、足元を救われやすく成功しにくい。
土星との間にできたコンジャクション
問題解決力・忍耐力・克服力に大きく影響する。
土星との間にできたソフトアスペクト
多ければ多いほど、忍耐強く辛抱強い。現実的。
土星との間にできたハードアスペクト
多ければ多いほど、孤独。
天王星との間にできたコンジャクション
自由感・奔放さに大きく影響。
天王星との間にできたソフトアスペクト
多ければ多いほど、よい意味で革新的。
天王星との間にできたハードアスペクト
多ければ多いほど、悪い意味で現実離れしている。地に足がついていない。
海王星との間にできたアスペクト
残り少なくなったので、一ページにまとめました。